BLACK SMOKER RECORDS

ホーム 全件表示 MIX CD BSMX-046 > NAKAHARA MASAYA / The Mix CD

NAKAHARA MASAYA / The Mix CD

クリックで画像を表示

この国における最狂のアウトサイダー・アーティスト中原昌也による2枚目!!どーだっ!的なパンチのあるブレイクを一切排し、エラー音と無邪気に戯れる?ヘアスタの(死亡)遊戯的、へなちょこカンフー・ミックス!!!!

この謎々ミックスを、ヘア・スタイリスティックス=中原昌也は一体何を目指して制作したのか??? ダンス・ミュージックと呼ぶには弛緩しているし、ミニマルと呼ぶには分裂気味だし、エクスペリメンタルかといえばそんな精神はあんま感じないし、今流行の?ワールディーな越境ムードかというと全くそんなことないし、楽しいといえばホンワカ楽しいし、無気力かというと全編通して聴くとそんなこともないし…etc.まったくもって何なのか疑問なので、中原くんに電話して聞いてみた。
私「あのさ、ブラックスモーカーにコメント頼まれたんだけど、このミックス一体何なの?」
中原「一応さ、初期のシカゴ・ハウスの無理矢理なエディットみたいなヤツとか、マッドリブの毎月シリーズとか意識したかなぁ~。」
ふ~ん、なるほど。少し疑問が解けたような…。
とにかく、どーだっ!的なパンチのあるブレイクを一切排し、エラー音と無邪気に戯れる?ヘアスタの(死亡)遊戯的、へなちょこカンフー・ミックスということにしておきましょうかねぇ~(これのどこがカンフーやねん!と、マジに突っ込まないで下さいね)。とか言いつつコレ、3回目のリプレイ中。こういうミックスって強制的に記憶に残らないから、けっこう何度でも聴けちゃうんだよね。繰り返し聴いてたら、なんだか楽しくなってきたなぁ~~~あはははぁ~~~楽しいなぁ~~~向こうにお花畑がぁ~~~。。。
(山辺圭司/LOS APSON?)


■■■■■■ Artist plofile ■■■■■■
中原昌也(ミュージシャン、映画評論家、小説家、エッセイスト、画家、イラストレーター)
1988年頃より音楽活動を始め、1990年にノイズユニット暴力温泉芸者を立ち上げ、海外公演などを通じて日本国外でも高い評価を受ける。音楽
活動と平行して映画評論も手がけ、1998年には小説家としてデビュー、2001年に『あらゆる場所に花束が…』で三島由紀夫賞、2006年『名もなき孤児たちの墓』で野間文芸新人賞を受賞。1997年よりHair Stylistics名義での活動を開始し、2004に待望の1stアルバム『Custom Cock Confused Death』を発表、2008年4月からは『Monthly Hair Stylistics』シリーズを12ヶ月連続でリリースし、2009年3月のvol.12で完結。また、当初は50作を予定していたと云われている私家版CD-Rシリーズも、2011年4月には50作目『Smiley, Soil Smiley』をリリースし、現在もさらなる新作が次々と発表されている。
価格:1,620円
注文数: