BLACK SMOKER RECORDS

ホーム 全件表示 MIX CD > 威力 / 「光速と弾炎」

威力 / 「光速と弾炎」

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

これは黒煙にたなびく彼女の発する電子音=電波、電磁派、またはラジオ超短波放送。3/23発売

バイカル湖畔に黒煙にたなびくラジオ超短波放送が混線している。潮岬では、東北東、風力四、雨。ハバロフスクでは、風弱く、晴れ。いつまでも合わないチューニングの雑音に微かなゴスペルを聴き取り、音盤でないものから音楽を取り出すような。再生のたび印象が変わる、ウユニの鏡湖を見つめていると思っていたら、ウーロンハイのグラスにまどろむ氷の結晶だったような。羽ばたき反射、交錯する音の並びのもとは、70円でも売っていない、誰も目に留めたことのない路傍の石ころかもしれない。(文責・Shhhhh)

mastering by KABAMIX
recording at STUDIO bapple

■■■■■■ comment ■■■■■■
DJミックスとは何なんだろうと今もって時々思い、そして分からなくもなる。かつて、自分もBLACK SMOKERからミックスCDを出したとき、ある人から「DJミックスというより原雅明の作品みたいだ」というようなことを言われた。それは、DJミックスになっていないという意味なのか、DJミックスより「作品」が上にあるというヒエラルキーの是非を言っていたのか。まあどちらの意味もあったのだろうと今は捉えている。では、良いDJとは何だろう? と大風呂敷を広げるつもりはないが、DJとはすっとその存在を消すことができる人で、それでいてその人がかけた音楽はそこに確かに存在しているのが、DJの在るべき姿ではないか、とはずっと思ってきた。自我と他我の鬩ぎ合いがDJを苦しめ、歓びを与えもする。そのことを聴き手と共有できるのが、もしかしたら良いDJミックスなのかもしれない。この『光速と弾炎』のような耳を捉えて離さないDJミックスに出会うと、またそのことを考えてしまうのだ。
(原 雅明)

、、、、意味を削ぎ落とした声音が波のように消えては現れ、時間感覚の変調を繰り返す、Milton NascimentoのMinasを聴いた時のような幼少期に退行する、、消え入るということ、立ち現れる速度とは、、おおらかな選択眼に精選された音達の列なり、、、、 
(和泉 希洋志)

ゆっくりだんだん捻れて溶けてめくれ上がって閉じました
ありがとね  
そうじろう ( DJ DISCHARGE )

仕掛けが見当たらない
裏がえしても
手がかりはなく
人の手の跡すらなく
つくられた形跡がない
みえないもののために
用意された置物か
(松井一平)

耳という目.
そこに秘められた力.
聴いて見て知覚する懐かしい感覚が刺激され  知っているようで理解しきれない世界が次々と湧き出てきて 弾き飛ばされるままに ただただ踊り遊ばせてもらいました.
(大井戸猩猩)

紺色の濡れた石畳渡たる
朱い苔むす此処は鬼ヶ島
火星からの情報を集めて、放つ
騒ぎはオサマリを知らずお祭りに化けた
何か、ぐっと受け止めるようにすると
彼奴は俺に気づかず斜めに横を通り過ぎた
おっと、背にはガラスの壁があって
逃げられなかったことがわかった
思わず笑えた夢の夢
(朱のべん)


BLACK SMOKER RECORDS PRESENTS
“BLACKGRASS” 『威力/光速と弾炎 Release Party!!!』

4/15(FRI) at 東高円寺GRASSROOTS 23:00-

LIVE:YPY

DJ’s:
威力
Shhhhh
KILLER-BONG
msqt




価格:1,620円
注文数: