BLACK SMOKER RECORDS

ホーム 全件表示 VINYL BSJ-018DP > ZVIZMO / 10inch DubPlate

ZVIZMO / 10inch DubPlate

クリックで画像を表示

『ZVIZMO / Ⅱ』よりKILLER-BONGをフューチャーした、“Killller FxxxxxK"とテンテンコが歌う、なんと大正時代に作られたダダイスト賛歌”MAVO”の2曲が収録された完全限定生産10インチダブプレート。9/30HP先行発売。

●10inch Dub Plate 
45rpm

side:A
Killller FxxxxxK feat. K-BOMB(4:44) 

side:B 
MAVO(3:28) 


日本列島の都市空間において「民族音楽」が新たに生まれるとすれば、それは一体どんな形をしているのだろうか。ZVIZMOのセカンド・アルバムを聴きながら、ひょっとしたらそれはこんな感じなんじゃないかと思った。テンテンコのビートに土着的な要素は一切ないけれど、装飾を排した不穏なリズムは時に呪術性をまとい、強烈な低音には霊性が宿る。伊東篤宏の操るOPTRONのノイズがまるで盆踊りの囃子のように聴こえることもあるし、南西諸島の神唄にように響くこともある。「Killller FxxxxxK」であの声を聴かせるK-BOMBは、さながら祭祀における祭司。「MAVO」におけるテンテンコの歌は、遠い異国の子供たちが口ずさむわらべうたのようだ。神なきコンクリートジャングルにおける神降ろしの儀式。音楽と非音楽の間に、闇と光の間に、ハレとケの間に、この世とあの世の間に漂うなにかが音となって現れ、私たちをディストピアの向こう側へと導く。めまいがするほど強烈!
大石始(ライター) 

■■■■■■■■ Artist plofile ■■■■■■■■
ZVIZMO
蛍光灯音具 OPTRON(オプトロン)プレイヤーの伊東篤宏と、ポップ歌謡からノイズまで縦横無尽に活躍する テンテンコ によるデュオユニット。17年11月にBlack Smoker records より1stアルバム『ZVIZMO』リリース。18年6月に、佐藤薫(EP-4)監修による新レーベルφononよりエレクトロ・コンピレーション『ALLOPOIETIC FACTOR』に参加。

価格:3,850円
SOLD OUT